レバテックキャリア

AIエンジニアとは

AIエンジニアとはその名の通りAI分野を専門とするエンジニアですが、AI(人工知能)は生活上の多くの場面で利用されています。
 

ai

 

・スマホの音声認識
・車の自動運転
・医療への活用 など
 

AI自体が学習していくため、エンジニアとしては機械学習、データ解析といった分野を専門とするエンジニアがAIエンジニアです。

一言でAIエンジニアといっても仕事内容、必要とする知識、スキルなどの表面的なもの以外にも職場環境というものも最前線で力を発揮するのに大事な要素の一つです。そういった情報も含めて、どういった企業に転職するのがいいのかという点では、転職エージェントが情報を持っておりかつ、気になることも相談もできます。

転職全般に関してはポイントというかチェックするのは業務内容、待遇、対人関係ではないかと思います。

ai

 

これらの情報は転職エージェントと呼ばれるところで多く持っていることが多いこと、そして実際にエントリーする際に必要なこと、これから何をすべきかなどについて相談ができます。

レバテックキャリア、レントラ
リクルートエージェント、レントラ
ギークリー、アクトレ
doda、アクトレ
 

AIエンジニア 仕事内容

 

具体的な仕事内容は何かについてはプログラム開発とデータ解析です。

ai

 

AIなので、機械学習やディープラーニングを通して得られたデータを解析し、クライアントに状況改善、問題解決といった施策立案をしていきます。

機械学習:

ai

 

データ解析・施策立案

ai
 

AIエンジニア ロードマップ

 

AIエンジニアになるのに必要とされるスキル、知識は上記、機械学習の基礎知識、ディープラーニング知識の他にも必要とされる知識などがあります。

ai
 

AIエンジニアになるためのロードマップとしては下記のイメージでプログラム言語習得や機械学習の習得から始まり、データベース知識、クラウドサービス知識習得、そして最後にアウトプットとしてポートフォリオ制作という流れです。

ai

ポートフォリオとは、職務経歴書と似ていますが、作品というか具体的な実績が必要な点が違います。といってもやることは学んだPythonを使ったサイトなどを作ってみる、これだけでも一つの作品ということになります。

エンジニアに限ったことではありませんが、あくまで利用者は自身ではないのでユーザビリティやこだわりポイント、作品(サイト)を制作した意図などは説明できる必要があります。

AIエンジニアという仕事はあらゆるところで利用されていることと、結果が目に見えるという点から達成感は感じやすいと思います。

あとは職場環境が合うところというのも重要な要素なのでそこを転職エージェントなどを活用してご自身にとって良い職場環境の企業などに出会える可能性を高めることができます。
 

 

 


レバテックキャリア

© 2023 AIエンジニア rss